何が重要か!?ネットの風評被害対策の3選

風評被害対策の基本について

初めて風評被害を目の当たりにした人の中には、対処に困るといったケースもあるでしょう。特にネットにおける風評被害にはある程度の知識を持って対抗しないといけません。基本的には掲示板、SNS、ブログなどから生まれるなので、それに合わせて対応することになりますね。大型のサービスほど運営管理者の対応も良質な傾向にはあります。サイトの運営者に問い合わせることが風評被害対策となることは多いですよ。慌てず冷静に対処していきましょう。

時間がキーポイントになりやすい

風評被害というのは時間の経過で広がりやすいものです。そのため早めに対処した方が、対策としては適している場合が多いです。情報が広まる速度は注目度、広めた側の発言力や影響力などに比例します。ケース次第ではユーザーを特定する作業や、法的手続きもやむを得ないです。会員制のサービスから情報を配信している場合なら、管理者に問い合わせて退会してもらうように促したり、アカウント凍結などの申請をするのも良い場合があります。

逆SEO対策の有効性

情報がネットで流れた場合、完全にそれを消すのは難しい事もありますが、ひと目に触れにくい状況にする事は可能です。特に検索エンジンでの評価を下げるといった事が有効的な場合が多く、これを逆SEO対策と呼びます。逆SEO対策を行うと、検索された際にその情報や配信サイトへのリンクにたどり着き難い状態になります。結果として、これが風評被害対策になり得ます。これは情報の閲覧者を減らしたり、増やさない事は風評被害対策においてとても重要だからですね。

誹謗中傷対策の取り組みにこだわりのある法律事務所は、ここ数年で全国的に増加傾向にあると言われています。