電話受付に研修があったの?意外と難しい電話受付

電話受付は企業の顔になります

電話受付をするスタッフは、相手に顔が見えないので声で好印象を与えることが大切です。そのため、電話受付をする人は声のみで相手に好印象を与える研修を行っています。声で相手に伝わる印象が変わるので、企業のイメージにもかかわるでしょう。企業の中には発声練習を行っている企業もありますが、それほど、電話受付では声が重要になってきます。また、企業によっては電話受付のセミナーに参加させている企業もありますが、独自でセミナーに参加する人もいます。

電話受付の研修ではクレーム対策も身につけます

電話受付の研修では一般的な電話対応のみではなくて、クレームが来た場合の対応も指導されます。電話受付をしていると必ずクレームの電話がかかってくるのですが、クレームの電話がかかってきた場合の対応も身につける必要があります。クレームに対応できないと電話の対応自体がクレームの対象となるため、クレームに対する電話対応は非常に重要になってきます。クレームに対応するには自分の意見を発言するだけではなくて、お客さんの発言にも耳を傾ける必要があります。

電話受付はアルバイトでも可能だが、研修を行います

電話受付はアルバイトでも可能ですが、正社員同様に研修を受ける必要があります。アルバイトは入社時の研修に参加するとお仕事は自分の都合に合わせることができます。研修時間は各企業によって異なりますが、電話の受け取り方から話し方まで研修で行うために日常生活でも役に立つでしょう。電話受付の際には必ずメモを取ることは、研修内で説明を受けます。これは、電話で受付をする際には基本的な行動なので、一番最初に担当者に言われます。

社員研修をすることのプラスになる点として、企業理念が浸透することが、挙げられます。様々な場面において、企業理念を軸に考え、判断できる社員を育成することが出来ます。