スマートフォンWebサイトの作り方、こんなところに気をつけろ!

スマートフォンとパソコン用のWebサイトは全く違う

パソコン版のWebサイトは基本的にヘッダーがあり、フッターがあり、サイドエリアや操作のためのフルスクリーンなど、いろいろな特徴を備えています。これをスマートフォンでそのまま表示させると、非常に見えにくいサイトになるのです。スマートフォンの画面は非常に小さいため、小さい画面にたくさんの情報を置くと見づらくなります。構成や作りに関しては、スマートフォンとパソコンのWebサイトは全く違うものだと思っておくといいでしょう。

基本は1カラムでの表示が基本

パソコン版と違うことといえば、Webサイトの表示方法でしょう。少し前のパソコン版Webサイトではサイドエリアを持っていましたが、スマートフォン版Webサイトの場合は基本的に1カラムで行います。このため、メニューやサイドエリアに表示しているようなものは1カラムに収めるように工夫するか、画面横から出てくるメニュー、ポップアップ、タップしてスライドして表示させるアコーディオンなどで見せ方を工夫する必要があるのです。必要なければ思い切って表示しないようにしてしまってもいいでしょう。

タップエリアは大きめにしておく

最後に、スマートフォンサイトの場合は作る時にタップするエリアは大きくしておく必要があります。これは画面を操作するときに、例えばテキストだけのリンクや指先よりも小さいボタンは非常に押しにくく、サイトの使いやすさを大きく損なうのです。これはユーザーが逃げてしまう原因にもなります。タップする必要があるもの、リンクやボタン、スライドのための操作ボタンやアコーディオンなどは比較的大きめにとっておくと使いやすくなるでしょう。

スマホサイトではパソコン用からスマートフォン用に変換されたサイトを見ることが出来るし、出会い系サイトもたくさん増えています。