高校運動部の送別会で贈るトロフィーの選び方とは!?

感謝の想いを込めて!

賞状をもらう機会はけっこうあると思いますが、トロフィーや楯は特別な存在ですよね。また、あまりもらう機会がないだけに、贈られたほうも感慨深いものがあります。学校時代にトロフィーをもらう機会として、運動部の引退時が挙げられます。第一線を退き後輩に夢をつなぐ先輩にとって、現役引退はいろいろな想いがあるかもしれません。運動部の後輩は、そんな先輩1人ひとりに感謝の想いを込めて、トロフィーを贈るといいですね。また、代々そのような伝統がある場合は、これまで行われてきた事例を参考にすることをお勧めします。

みんなの意見をまとめて!

運動部の先輩にトロフィーを贈る機会として、卒業を控えた時期の「送別会」が考えられます。このような会が開催されることも、運動部の伝統が関係しているようです。送別会を開催するためには、みんなの意見をまとめることが大切です。もちろん、トロフィー選びもその1つになりますね。幸い、2年生は前年度の送別会を経験していますので、その体験をもとにして率先して準備を進めることができますね。また、1年生は来年に備えて、送別会に関するノウハウをしっかり取得しましょう。

経済的な負担にならない!

クラブ活動をするためには、何かとお金が掛かります。特に、運動部はユニフォームや靴などの購入費だけでなく、遠征費などを負担することになりますね。もちろん、学校によっても異なってきますが…。そのため、トロフィーの購入費用が重荷になる人も出てくるかもしれません。ちなみに、高校のクラブ活動は自分の意志で行うことがほとんどですね。しかし、中には経済的に厳しい人がいる可能性を考えましょう。なお、トロフィーは先輩1人ひとりに名前入りで贈りますが、あまり大きくないほうが喜ばれるかもしれませんね。

トロフィーとは、何かの大会で最も素晴らしい成績を修めた人に、その栄誉を讃えるために贈られるものです。