サーバーをレンタルして自分だけのホームページを作ろう

ホームページを作るには

ホームページを作るには、htmlと呼ばれるファイルを作成し、それをサーバーにアップロードする必要があります。サーバーは、様々なものがあり、最近では無料で利用できるものもありますが、無料のものは広告が付き、対応しているファイル形式も少ないのでお薦めできません。有料のものにも様々なタイプのものがあり、安いものから高いもの、機能が豊富なものから少ないものと色々です。その中から自分に合ったものを選ぶポイントを紹介していきます。

urlの語尾を決めるドメイン

ドメインとはインターネット上の住所を示すもので、それにより、URLの語尾が変わります。たとえば.comや.jpなどです。人気のドメインほど値段が高い傾向にあり、必ずしも欲しいものが安く手に入るわけではありません。自分が妥協できる範囲内でなるべく安いものを選びましょう。ドメインによってwebページの性質が変わるわけではないので、あまり深く考える必要はないかもしれません。とはいえURLを決める要素なので慎重に選びましょう。

レンタルサーバーの機能

レンタルサーバーによって機能が変わってきます。たとえば、初心者向けのものでは、ブラウザー上でhtmlの編集や、ファイルのアップロードができることがあります。また、phpなどのサーバーに負担がかかる言語は、対応していないサーバーも多いので、対応しているものを探さなければなりません。選ぶ際は、自分がどこまでのスキルを持っていて、どのようなホームページを作るかをよく考えて慎重に選びましょう。うまく選んで自分だけのホームページを作りましょう。

レンタルサーバーとは、レンタルできるサーバーという意味です。それを管理する専門の業者があり素人だと手間がかかり心配なこともプロに頼むことができます。