ネットワーク監視はクラドに任せてしまいなさい!その理由とは?

ネットワーク監視の人材は高い賃金

自社でサーバーを設置している場合は、ネットワークに強い専門家を雇っている事があります。専門的な知識を要する職業であるため、一般的な人材よりも高い賃金で雇っている事もありますよね。24時間体制であれば、深夜手当も付く事があるでしょう。あくまでも、何かしらのトラブルに備えての人材であり、その人材が金銭的な利益を生み出してくれる訳ではありません。ネットワーク監視の知識について疎い実際に働いている社員は、何をしているのかわからず、時には何もしていない様な姿が周りの社員の士気を低下させてしまう事にもなってしまいますよね。

クラウド型のサーバーに変える考え方

自社にサーバーを置いて、ネットワーク管理者をも置いている企業は他にもありますよ。どうせなら、一人で複数の企業のサーバーを見た方が、人件費も半分になると思いますよね。クラウド型のサーバーとの利用と言うのは、これと同じ様な考え方であり、多くの企業がクラウド型のサーバーを利用する事によって負担しあっていると言えるでしょう。クラド型のサーバーはこの様な人件費のみならず、サーバーを管理するためのその他の費用からも開放され、提供している企業によっては、様々なWEBアプリケーションを提供している場合もありますよ。もちろん、アプリケーションがバージョンアップした場合も自社で用意する必要性が無く利用する事が可能です。

ネットワーク管理から開放されるメリットが更にある

サーバーと言うのは、空気に触れている機器であるため、必ず劣化をして故障をしますよ。ネットワーク管理者の判断によって、新しい機器に入れ替える事になりますが、ネットワーク管理者が自腹を切って替えてくれる訳ではありませんよね。もちろん、自社の費用で取り替える必要性があります。クラウド型のサーバーであれば、サーバーを提供している企業が費用を負担してくれるため、ネットワーク管理から開放されると言うのはこの様なメリットもありますよ。ネットワーク管理者が急に仕事を辞めた場合における、人材集めに対しても費用も抑える事が出来ますよね。

フロー監視は、コンピュータネットワークの帯域使用状況を監視します。たいてい専用のツールを用いて行われます。