浄水器はどれが良い?選び方のコツを教えます

浄水器にもいろいろあります

健康志向の流行とともに、水道から水を飲める国、日本であっても綺麗な水への需要が高まりました。現在は浄水器の普及率も高くなっています。ポット型、蛇口直結型、アンダーシンク型、トップシンク型が一般的であり、最近では放射性物質を取り除ける逆浸透式の浄水器と言う物も登場しています。また、先の大災害を通して、飲み水の確保にも重点が置かれており、泥水のような汚水を飲料水になるまでろ過と浄化を行う道具も販売されています。

性能にはバラつきがあります

数多くの種類が販売されている浄水器ですが、性能はそれぞれ違います。手軽に使えるポット型は、水を注ぐだけで綺麗な水になりますが、ろ過容量は少なく、カートリッジの交換も頻繁に行う必要があります。蛇口から出る水がすでにろ過されているアンダーシンクやトップシンクは、カートリッジ交換回数も少なく、容量も大きいのですが、設置費用や購入費用が高くなります。アンダーシンクは工事が必要になる事も。導入を考えるなら、性能やコストも考えてみましょう。

ライフスタイルに合わせるのが1番

何かを購入したり生活に取り入れる場合には、自分の生活時間や空間に合う物が最適です。浄水器の場合を考えてみましょう。ポット型はお手軽ですが飲料水にできるのは少量、と言うのを踏まえると、一人暮らしや、それほど飲料水にこだわらない人向きと言えます。大容量のアンダーシンクの場合は水に拘りを持っていたり、調理に使いたい人、家族が多い、などと言った人向けです。性能とコストに普段の生活習慣もプラスして考えるのが重要です。

浄水器の場合、カートリッジ内のフィルターによって不純物の除去などを行っているため、定期的なカートリッジ交換を行うことで、性能を維持することができます。