わかりやすいホームページのデザインを作成しよう

題字などは目立つ色使いにする

背景の色をもとに題字などは目立つ色にすると人の目を引きます。淡い色の背景に赤などで書かれているとわかりやすいですよね。題字の他にも注目してほしい記事の見出しなどは目立つ色を付けましょう。ここで背景の色と目立つ色の組み合わせをいくつか挙げます。背景の色が水色で文字が赤、また背景がが紺色など暗めの色の場合は白の文字がよく映えます。他にも目立つ組み合わせはありますので、好きな組み合わせで目立つように工夫してみてください。

カテゴリーで分けて整理する

ニュース記事などをアップする場合、過去のニュースと最新のニュースで分けるようにするとよいでしょう。たくさんの記事がある場合は年度別、月別で分類すると読み手も記事を探しやすくなります。最新のものだけではなく、過去のものを遡って見たいという人もいます。ニュースというカテゴリーでこれまでのニュースを長々とひとまとめにしておくよりも、分類したほうがわかりやすいですね。過去の年度と月をクリックすれば見つけるのも簡単です。

写真や図などを載せることで伝わりやすくする

建物の場所など文字だけでは伝わりにくいこともたくさんあります。学校のホームページなどでアクセス情報に、最寄駅などの他にも地図が載っているとわかりやすいですね。また「ドイツの人形をお土産にもらいました」などなじみのないものについて書かれている記事では、文章だけでものの外見を伝えるのはなかなか難しく、伝わりにくいものです。そこで写真を入れることで伝わりやすくなります。さらに料理など食品は写真をアップすることでおいしそうな様子がより伝わってきますね。

レスポンシブデザインにすれば閲覧する機器を問わずに快適にサイトの利用が出来るので、アクセスを増やしたい場合には最適です。